リベレスタの自由なブログ

心理カウンセリングオフィスLIBERESTAのスタッフブログ!

いきなりチョコレートがいらなくなった話

こんにちは。リベレスタ事務局のひとみです。

 

私は甘いものが大好きで、特にチョコレートは大好物です。チョコレートについて語らせたら(特にバブルな時代から)いろんな銘柄も食べ比べたし、結構詳しいかも。

 

ま、意外にシンプルなロイズのチョコレートやコンビニで手軽に買えるチョコレートでも十分美味しい、という結論もあるんですけとね。(でもたまには自分のご褒美にジャンポールエヴァンなどの高級チョコも買っちゃう)

 

で、まるで、依存症なんじゃ?というくらい気づくとチョコに手が伸びてる、という状況がありました。ひとくち食べるとホッとする。

なにかで、心に聞いて『いま自分の為に私ができることは何?』って聞いたら、『チョコ食べる』と言われて(ホントかー?)言われたままにコンビニで『どのチョコ?これ?それともこれ?』なんて、かなりあやしく選んでた時もありました(笑)

 

しばらく前に一度、気づいたらあんまりチョコいらなくなったかもー、の時期があり、まぁ、食べなきゃいけないものでもないし、いい傾向なのかもねと思った時もあったのですが、またそのうち、私のカバンにはいつもチョコレートが。

 

それが。

 

突然、要らなくなってしまったんですよね。もちろん食べたら美味しいと思う(とは思う)んですけど、必要ないっていうか、要らない感じ。

 

わざわざこの春に取り寄せておいた期間限定のロイズの生チョコストロベリー味も、開封したまんまで手付かず。(賞味期限切れちゃうー!)

神戸モンロワールのリーフチョコも未開封のまま、パーティに提供しちゃいました。これ、テーブルに並んでるだけで可愛いし、味も美味しいから超オススメなんですけど。

 

DARSに新しくできた苺味も即買いしたのにそのまんま(もったいない…)

 

なんでなんだろう。

 

不思議に思って、心に聞いてみたのですが、

『いらないから』というばかり。『どうしていらなくなったの?』と聞いてみても『もう必要ないからいらない』『いらないったらいらない』

…まったくラチがあきません。

 

この記事を書きつつも、このまんまじゃなんか結論が出ないので、わがリベレスタ代表に聞いてみました!

 

と、サラリと、

 

『そうですか。それは良かったですねー』

(だからなぜ?って)

 

『チョコレートのカカオってテオブロミンが入ってて、常習性があるという話もあるんですよね。影響を受けやすい人もいるから避けた方がいいんですよ。』とのこと。カカオのほかにコーラなどにも含まれてるそうです。

 

テオブロミン、ですかー。

 

この図、見せて頂きましたが、なんのことやら全くわからず。

f:id:liberesta:20180427114421j:plain

 

カフェインにも…(含まれている…)とか言ってるようなのを遠くに聴きながら(難しい話は最近得意じゃない私です)

 

説明はできません。

 

そして結局、結論も出ませんでしたね。(すみません)

 

体によくないからって、食べたいのに無理やりガマンするのもまた別の弊害がありそうだし、そういうムリするの、私はあまり好きではありません。

 

でも

 

ガマンとかじゃなくて、要らなくなっちゃうという感覚。ホントにあるんです。

それもある日ある時突然。

 

ある日突然、楽になる瞬間、みたいな。

ま、それもいいかーと。

結局よくわかりませんが、これがFAP効果であることだけは漠然とわかっているような…。

 

不思議だなーとボンヤリする今日この頃です。

 

f:id:liberesta:20180505155922j:plain

 

 

▼FAPカウンセリングについて詳細はこちらから

FAPカウンセリング | リベレスタ