リベレスタの自由なブログ

心理カウンセリングオフィスLIBERESTAのスタッフブログ!

アイリスのリトグラフ

こんにちは。リベレスタ事務局のひとみです。

4月、新しく開いた2部屋めのカウンセリングルームの内装が終わり(ほとんどまったく同じなんですが)あとひとつなにかほしいな、と思ったところに、ピッタリの額が実家にありました。

 

アイリスのリトグラフ

 

まるで、ここにおさまることが決まっていたかのようにおさまっています(^^)

 

f:id:liberesta:20180427112924j:plain

 

この額は、昔、画廊巡りが好きだった父が、みつけて即買いしてきたものらしいです。

 

日本で初めて小さな個展を開いたアメリカ人アーティストの作品。

 

父から新オフィスオープンのお祝いに『アイリスのリトグラフをあげよう』と言われて、

 

アイリス?これ、菖蒲じゃないの?と思って、調べてみたら、

アイリス、とはアヤメや菖蒲やカキツバタ等アヤメ科の植物の総称だそうです。

 

しかもその花言葉は、

 

希望、信じる心、吉報、良き便り。

 

アイリスは、ギリシャ神話の女神イリスが虹を渡って、神々のいる天上と地上を行き来する使者だったことから、メッセージ、吉報、良き便りという花ことばになったそう。

 

希望は、空にかかる虹のように希望を与えることから、信じる心は、アイリスのまっすぐに伸びる花の姿からつけられた、とあります。

 

これも期せずして、なんかピッタリ。

 

カウンセリングルームはクライアントさまとカウンセラーの心と心を信じて、希望の扉を開く場所だと思っています。それはもちろん良き便りだし、吉報ですよね!

 

この内装やルームを作るにあたり、

FAP療法開発の大嶋先生のオフィス、インサイトカウンセリングさんのカウンセリングルームを見学させて頂き、いろいろ教えて頂いた際も、絵画がたくさん飾られていて印象的なお部屋があったんですよね。

 

このお部屋からまた、幾通りもの新しい世界、新しい生活が始まる…。

 

このアイリスの額もそんなお役にたてたらうれしいな、と思っています。

 

さて、今は3部屋目のお部屋の準備の真っ最中です!

(4月は2部屋をカウンセラー3名で使っていましたが、5月からは一人一部屋になります)

 

 

www.liberesta.com