リベレスタの自由なブログ

心理カウンセリングオフィスLIBERESTAのスタッフブログ!

人は3歳までに一生分の親孝行を済ませてる

こんにちは。リベレスタ事務局のひとみです。今日はいつぞやのブログで、31日間の心にきくワークの最終日に、心が私に教えてくれた意外なことについて書きますね。

 

 

それは…

 

介護なんてやりたくない!


でした。(あ、言っちゃった…)


23の時に舌ガンになり、現在はできなくなってしまったというラジウム針治療のおかげで生き長らえた私なのですが、その時多量の被曝を受けたので子どもはムリだと言われていたのですが、そんな私に10年越しで奇跡的に授かった娘はいま高校生になりました。

 

私にとっては目に入れても痛くない、本当にかわいい(親バカです)大事な大事な1人娘。


しかし
その子が生まれてからというもの、わが家のいろんなパンドラの箱が次から次へとバッタバッタと開き始め…。大変なことが続き、結構壮絶だったかも。そして、それは娘が3歳になるころにピークを迎え、もはやこれまでか、というころ、
娘を出産した時、こんなリスキーな私に超自然なお産をさせて下さった、今は亡きカリスマ助産師の先生に言われたこと。
(おっぱいマッサージとかに通っていたから、出産後もたまに通っていたのです)

 

それは、
こどもは3歳までに一生分の親孝行を済ませてる。この子の役目は家族に隠されていたさまざまな問題を明らかにすること。

そして、その時、隣りの和室で遊んでた娘に向かって、

『ほら、〇〇ちゃん(娘の名前)おつかれさん。もう役目は終わったよ。これからは自由に生きなさい』

と頭をポンポンなでながらおっしゃった。

 

そういえば、この助産師の先生、娘が生まれたばかりのころ、まだ産後で寝ている私の枕元で、(放射線治療の後遺症もあってか出血多量でしばし寝たきりだった)

親の一番の役目はね、この子の人生の邪魔をしないこと。なにをしなくてもいいけど、邪魔だけはしないであげてね、
あとライオンが自分の子を崖から突き落とすたとえ話かなんかをされたことを思い出した。

 

すべての話はよくわからなかったけど、でも、

子どもの人生の邪魔をしちゃいけない、と、3歳までにすべての親孝行を終えている、は深く心に刻まれてきた。

いつもテンション高かったけど、パワーと優しさあふれる素敵な先生だったな…。

あそこで産まれた超自然児たちは、みな、たくましく育っている、ような気がします。

 

 

話、転じて、
私の3歳。

(イメージのなかで)呼んできてって、言われても全く現れなくて、思い出せなくて。
娘の3歳はよく覚えてるのだけど、自分の3歳はいない。頭を振り絞って、七五三の記念写真を思い出してみた。着物が着たかったのに、紺色のベルベットのワンピースでベレー帽を被せられて、不機嫌な顔をしている下ぶくれの可愛くないペコちゃんみたいな女の子…(苦笑)

 

その子に、呪文を唱えてくれる?と頼んで、なかなか渋るその子に、なんとか頼みこんで、7回唱えてもらったら…
なんと、見る見るうちに、溶けて形がなくなっちゃった…(ホラーだ!)ドロドロとしたセメント?状のかたまりの上に、ベレー帽だけのっかってる状態。

 

なんじゃこりゃ。

f:id:liberesta:20180313212604j:plain


こんなカンジ。

 

そして、その形のないベレー帽だけがのっかったかたまり(である私)に、なにか別の呪文を唱えてもらうと、いつのまにかまた、そのドロドロから、人型(ヒトガタ)が生まれてきて(ほとんどSFの世界!) 全然3才風じゃないし(もっと大きいだろうよ!)それ誰?と私に似てもにつきもしない少女が現れて、

 

カウンセラーに促され、
『お礼に着物、着せてあげるね』
と声をかけたら、娘が着たような赤い着物(でもサイズはもっと大きい)を着て、一瞬うれしそうにした?と思ったら行ってしまった。

 

なんなん?

でもなんだか気分は悪くなく、ほっこりした感じだけが残った。

 

ただ、ドロドロに形が溶けてなくなった3才の自分の姿…は結構衝撃的で、あれってなんだったんだろう、って思い出すことがたびたびあったのだけれど、
今朝、ふと、子どもは3才までに一生分の親孝行…の話を思い出した。

 

なのに、人は子どもに3歳はおろか、いくつになっても親孝行を求め、親孝行は当たり前だと、誰もがあたりまえのように思うのだ。
もちろん親孝行はいいことなんだろうけれど。
忘れちゃいけないのは、本来一生分の親孝行は3才までに済ませてるってこと。だからあとは、自分を壊したり犠牲にしてまでしなくちゃならないことではなく、親孝行なんかより自分を大切にするほうがずっとずっと大事なことなんだということ。

 

だからもう、
私に親孝行を求めないでください。

 

 

そんなことを思ったのです。

 

f:id:liberesta:20180313212801j:plain

 
ps. そんなことのきっかけにもなった、心に聞くワークブックがリベレスタのサイトから注文できるようになりました!(実は今まで代表ブログにしか載っていなかったのですが、サイトにも載せました)ちゃっかり宣伝。笑

 

関連記事:

liberesta.hatenablog.jp

 

心理カウンセリングオフィス リベレスタとは

代表カウンセラー 原口実紅のブログ

※ご好評につき新規受付を一時的に停止していますが、2018年4月に「FAPカウンセリング」に新メニュー「リミットレスカウンセリング」を加え、受付再開予定です。再開のお知らせはまず無料メルマガでお送りする予定です。